わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

汗の役割

 


でも、私たちは食事のたびに死んだりしません。なぜでしょう?

 

それは私たちのからだが3つの方法でからだの熱を外に放出しているからです。
まず、体温より気温が低いときは、自然と熱が体外に出ていきます。これを「放射」といいます。

2番目に、人間が日常的に動いたり、物に触ったりするなかで、からだをとりまく空気や物に体熱が伝わっていきます。これを「伝導・対流」といいます。

そして3番目が「蒸発」です。汗が水分として皮ふから蒸発するときに、気化熱を奪うかたちで、からだの熱を取り除いてくれるのです。


この3つの放熱手段のなかで、汗の蒸発がもっとも効果的な方法なのです。

暑い夏や寒い冬もある地球上で活動している人間は、急に熱くなったり、激しく動いたときこそ、からだから熱を出して体温を調節しなければなりません。しかし放射や対流という方法では、気温が体温より高くなったときには、熱がからだに入り込んでしまい逆にからだが暖められてしまうことになります。そんなときでも熱を逃がしてくれるのが蒸発、つまり発汗というしくみなのです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧