わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

体温が37度の意味

 


あなたがかぜをひいて体温が平熱より1度上がって体温が38度になったとしましょう。

あなたはかろうじて動くことはできても、仕事や勉強に集中できなくなるでしょう。

さらにもう1度上がって39度になれば、もう頭はボーッとして考えることさえできません。健康なときの37度からたった2度上がっただけでこのありさまです。


人間は外の温度に関係なく、いつも一定の体温を保つ恒温動物です。

じつは恒温動物の仲間の中でも、この体温調節のしくみをもっとも必要としているのがわれわれ人間なのです。

 

そのわけは、人間の脳にあります。

仁賢は中枢神経系の脳を発達させながら進化してきました。

この中枢神経系は、からだのどこよりもさかんに代謝が行われているところです。つまり体温の変化にもっとも敏感なのです。

言い換えれば、体温の変わるとき、とりわけ上昇するときにもっとも弱い場所といえるでしょう。その繊細な中枢神経を守るためには、人間は他のどの動物より、体温を一定にしなければならないのです。脳を発達させてしまった宿命です。

 

そして、その脳の中でさまざまな酵素がもっとも代謝を行いやすい最適の温度がたまたま37度であったのです。37度線−これこそ人類が進化の道を進むか、類人猿にとどまるかの境界線だったのです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧