わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

発汗のしくみ

 


サウナ風呂に入りました。当然からだの中の皮ふ温も上がります。

皮ふには温度の上昇をキャッチする受容器があって、そこから知覚神経を通じて一気に情報が脳に伝わります。


脳では体温の調節を担当する視床下部の中枢が「暑いよ!」という皮ふからのコールを待ち受けていて、了解とばかりに汗をかけという指令を出します。

その命令は交感神経をすばやく駆け抜け、全身のエクリン腺まで伝達されます。

すると神経の末端からアセチルコリンという伝達物質が出動を要請されます。アセチルコリンはエクリン腺の細胞のレセプターが大好きで、よいこらと勝手に入り込みます。突然の来訪者の訪問にエクリン腺は驚いて動き出します。

 

まずは近くの血管から血漿をくみ取り始めます。ただし血漿には貴重な成分がいっぱいあって、いくらなんでもそのまま汗には出せません。

そこで大事な成分のほとんどは汗腺の導管から血管に返します。これが「再吸収」という汗腺の大切な機能なのです。

 

いったん外に出た汗の水分は自由の身となり、大気中に蒸発して、そのついでに「気化熱」を皮ふから奪い、体温を下げてくれるのです。

このような「よい汗」をかいたあなたはスッキリとしてサウナの後のおいしいジュースが飲めるのです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧