わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

「よい汗」のかきかた

 


「夏バテ」とは、夏の暑さからくるからだの不調の総称で、体温調節障害、水分の喪失、体液のバランス障害による自律神経系や内分泌系の失調を特長としています。つまり夏バテは「よい汗」をかけないこと、言い換えれば、汗をたくさんかいたからではなく、体温を有効に調節しない無駄な汗や体液の大切な成分を喪失するような「悪い汗」をかいていることが主な原因なのです。

汗はかく量だけでなく、質も大切なのです。ですから、汗をかくことを嫌い、夏になると冷房の部屋ばかり閉じこもっていること、汗腺機能、特にミネラルなどの再吸収の機能が退化し、体温と体液の恒常性を保つことができず、からだの変調をきたしてしまうのです。

 

それでは「よい汗」のかきかたです。
まず、なにはさておき、汗をかく訓練です。そうです。汗腺にもリハビリが必要なのです。人体のパーツは、どこであれ使わなければなまります。汗腺も例外ではありません。ですから、汗腺の廃用症候群の予防が必要です。そのためには季節の移ろいを肌で感じて、必要なだけの汗をかくことです。部屋の中でも冷暖房にあまり頼らないこと、外気との差は5度くらいにとどめましょう。
そしてリハビリですから「愛のムチ」もあります。気温の変化に頼る受け身ばかりでなく、有酸素運動などで積極的にからだを動かしてください。日ごろから汗腺を鍛えているスポーツ選手などは、同じ温度かで比較すると、効率よく汗をかくため、より少ない汗で体温を調節できるのです。


さらに、積極的に熱いお湯で汗腺を刺激することで汗腺機能と能動汗腺の数を増加させることも可能です。具体的には入浴時、ひざくらいまで45度前後の熱いお湯を湯船に入れ足と腕を10分くらい「手足浴」をいた後、ぬるめのお湯にゆっくりと入ります。これを3週間ほど続けると、「短期暑熱順化」というメカニズムで汗腺機能を高めることができます。


さらに、冷房の部屋に長くいる人では、約3時間ごとに熱めのお茶を飲むことも汗腺への血行を盛んにして、汗腺が働く環境を整えることにもなります。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧