わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

ニオイを分類する

 


「ねえ、なんかにおわない?」

「いやだあ、この辺からにおってくるみたいよ」

「やめて、クサイ話は! 気分が悪くなっちやうじやない」

 

 また、

「いやなにおい!頭が痛くなっちやう」

「別にいやなにおいじやないよ。私なんか好きだな、このにおい」

 

 こんな会話を、一度や二度耳にしたことがありませんか。これは、嗅覚が視覚や聴覚や味覚よりも、ある面では敏感に感じるものであることを物語っています。しかも、前節で述べたように、各個人ごとに判断基準が異なっていることを如実に物語っています。

 ところで、誰もが、日常生活において、じつにたくさんの仁おいを感じているわけですが、いったい、どれくらいのにおいが、この世の中にあるのでしょうか。

 ある化学者の説によると、その数は40万種以上にのぼるといいます。しかし、いくら鋭敏な鼻をもってしても、それらのすべてをかぎ分けることは不可能です。人間の鼻では、せいぜい2000種もかぎ分けられればよいほうです。

 たとえ、かぎ分けられないとしても、人間は生きている限り、雑多なにおいをかぎ続けて生きていくしかないのです。

 あまり一般の人には役立つものではありませんが、数限りないにおいを、その性質ごとに大別して分類しようとする試みもなされています。 最も知られている分類法は、植物学者としても有名なリンネ(1708〜1777)によるものです。

 リンネによると、仁おいは七種類に分類されます。

 

(1)芳香臭――月桂樹や熟した果実などのにおい

(2)積紺臭――百合やバラ、沈丁花などの香りのよい花などのにおい

(3)ジャコウ臭――ジャコウに代表される高貴な香り

(4)ニラ臭――ネギ、ニラ、ニンニクなどの鼻をつくにおい

(5)尿臭――尿のにおいや山羊、狐、狸などのにおい

(6)悪臭――誰にも不快感を与えるにおい

(7)腐臭――腐った肉のように、吐き気をもよおすようなにおい

 

 以上ですが、この他にも、さまざまなにおいを分類する試みはなされています。しかし、人種や性格、環境、その時々の体調などの個人差によって、感じ方は千差万別なのですから、分類しようとした人の数だけ分類法ができてしまうことにもなりかねません。

 もちろん、偉大なリンネの分類法によっても、各種のにおいを定義づけることはできません。いや、定義づけようとすること自体が無意味なことなのかもしれません。

 においは、元来、快・不快を含めて、正確には分類できるものではないのです。

 一般には、花や熟した果実の多くは、快いにおいとされていますが、人によっては、甘ったるいにおいが不快、もしくは不快に近い感じ方をする人もいます。

 大勢の若い女性だけの研修会などが狭い部屋で開かれた時など、一人ひとりの女性はかぐわしいにおいを発しているのですが、数多くの体臭が混ぜ合わさることによって、とりわけ男性にとっては、ムッと胸がつまるような不快なにおいに変化することもあります。

 また、ジャコウのように、ジャコウ鹿やジャコウ猫から取り出したばかりの時は、不快感をともなう糞臭にしか感じられないものが、薄めていくにしたがって、誰しもが夢心地になるような快いにおいに変わるものもあります。

 このように、においは量や質によっても、その組み合わせによっても、微妙に変化するのです。

 体臭に悩む人のなかには、少し離れたところでかぐと、けっして不快なものではないのに、肌と衣服の間からもれてくる自分の“濃いにおい”を自分で不快なものと判断して自己嫌悪に陥っている人も少なくありません。香水やオーデコロンをつけて、かえって不快なにおいに変わることもあるので、注意したいものです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧