わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

ニオイを感じる仕組み

 


 ここで嗅覚についても、ちょっと考えてみましょう。

 嗅覚とは、いうまでもなく、鼻でにおいを感じることですが、はたして、どんな仕組みで感じるのでしょうか?

 まず、われわれが息を吸うと、空気と一緒に、においの分子が鼻に入り、嗅覚細胞を刺激します。この刺激が一種の電気信号となって脳に伝えられ、そこで初めて“におい”として自覚される仕組みになっているのです。つまり、においは神経の興奮によって“におい”になるわけです。

 快いにおいも、不快なにおいも、感じる仕組みはまったく同じです。快・不快の判断は、脳が勝手に行なっているのです。

 ところで、この嗅覚は、三つの大きな持徴をもっていることを知っておかねばなりません。視覚や聴覚、味覚、触覚などの他の感覚にも、同じような特徴がみられるのですが、嗅覚の場合には、それが際立っています。

 その特徴とは、

 

(1)順応しやすい

(2)個人差が大きい

(3)他の感覚との相互問連をもっている

 

 この三つです。  

 

●嗅覚は「疲れやすい」

 最初の特徴である“嗅覚は順応しやすい”ということは「慣れてくる」ということであり、言葉をかえれば「嗅覚は疲労しやすい」ということです。

 どんなに快いにおいであっても、不快なにおいであっても、そのにおいを長時間かいでいると、まったくといってよいほど、そのにおいを感じなくなってしまいます。

 たとえば、猫を飼っている家を訪れた時など、猫の糞尿の鼻をつくような独持のにおいが気になるものですが、しばらくいるうちに、次第にその家の住人と同様に、特別に意識しなくなってしまいます。におわなくなってしまうのです。

 この場合は、たいへん都合がよいのですが、快いにおいの場合も同様に、すぐに慣れてにおわなくなってしまいます。家を新築した時など、新しい檜や畳のにおいは、じつに快いもので、新築の喜びをかみしめられるものです。しかし、何日かたつと感じなくなってしまうのは、なんとも残念なことです。

 食べ物の場合も同様です。ギョウザを食べた時など、周囲の人には強烈なニンニク臭がするものですが、本人は何もにおわない。これも、本人の嗅覚の疲労(順応)です。嗅覚の疲労や順応は、嗅覚の弱点といえなくもありません。しかし、われわれにとって、必要があるからこそ備わっている特徴なのです。

 たとえば、ずっと同じにおいがしていて、われわれがそれを感じ続けたとしましょう。心理学的にいえば、かなり短時間のうちに、精神的な動揺、イライラが生ずるはずです。とすると人間ば、喚覚が疲労(順応)することによって、大いに助けられていることになります。

 たしかに、朝の満員電車のさまざまに混じり合ったにおい――ワキガや体臭、ロ臭、たばこ臭さ、整髪料や化粧品、香水のにおいなどが混じっていて、はじめのうちは、がまんできないくらいの不快感をいだくこともありますが、しばらく気をまぎらわしているうちに、たいして不快感を感じなくなってしまいます。

 もし、嗅覚が順応することなく、最初の不快なにおいが、いつまでも“新鮮”に続くようでは、電車のなかで神経がまいってしまい、一日中、不快感とイライラが続き、やがて電車に乗ること自体に嫌悪感をいだくようになるに違いありません。

 この場合は、においに慣れることによって、不快感から解放される代表的な例といえます。

 反対に、嗅覚が疲労(順応)することによって、生命そのものが危険にさらされることもあります。ガス漏れなどはその例で、少量ずつ漏れている時など、知らぬ間にガスのにおいに慣れてしまい、結果、生命を落とすことにもなりかねない、というわけです。  

 

●嗅覚には個人差がある  

 人間の嗅覚の能力は、人種、性別、年齢、鍛練などによって、かなりの差があります。同環境、同条件に生活していても、個人別にかなりの差が出ます。他人がまったく感じないにおいを、いち早く感じとる人もいれば、逆に、みんながにおっているのに、いつまでも感じない人もいます。

 また、嗅覚は訓練することで、その能力をかなり発達させることができます。

 香料を調合したり、香ウを創ウ出すことを仕事にしている人を調香師といいますが、彼らの“鼻(嗅覚)”は、まさに訓練によって鍛えられたものです。余談になりますが、欧米の化粧品会社などでは、調香師が社長をしのいで最高給取り、という例も少なくないのです。それほどにおいの識別はむずかしい、ということです。

 前述しましたが、においの種類によっても、個人差はあらわれます。同じにおいでも、その感じ方は人によって違ってきます。ゴミのにおいなどは感じないのに、体臭や口臭には異常なほど敏感という人がいます。ガソリンや排気ガスのにおいが好きという人も意外に多いものです。

 すべてのにおいを敏感に感じとる人は皆無といってよいでしょう。普段“鼻がきく”と、嗅覚に関して自信があると思っている人は、正しくは、一部の限られたにおいに自信がある、というべきなのです。

 性別でいえば、女性のほうが男性よりも嗅覚は優れています。しかし、生理中は急激に鈍くなることも知られています。

 体調によっても嗅覚は変化します。風邪をひいていた時など、嗅覚が著しく低下することは、ご存知のことです。鼻腔が充血のためはれて、気道が狭まるためで、いわゆる“鼻がつまる”という現象によって鈍くなるわけです。

 また、身体的な疲労によっても、嗅覚は大きく変化します。朝、起きたての時が最も鋭く、夜になるにしたがって鈍くなります。

 その他、空腹時には、極端に敏感になることは、誰もが身に覚えのあることです。  

●嗅覚と味覚は“兄弟”

 食べ物のおいしさ、まずさという、いわゆる味覚は、舌で判断するものと思われています。たしかにそのとおりですし、誤まりではないのですが、嗅覚も微妙に関連していることも、また事実です。

 誰もが経験したことがあるでしょうが、風邪をひいた時などは、食欲もないし、たとえ食事をしてもおいしく感じません。これは、熱があるために味覚そのものが鈍っているのです。また、嗅覚が鈍くなって、香りが十分に味わえないために食欲が刺激されない面も見落とすことができまぜん。

 ここで、面自い実験をやってみましょう。

 コップを二つ用意して、それぞでれのコップにオレンジジュースとグレープジュースを入れておきます。

 

(1)まず、目隠しをして、鼻をつまんで双方を味わう。  

(2)目隠しだけをして双方を味わう。  

(3)目隠しをとって、普通の状態で双方を味わう。

 

 これは、嗅覚、視覚が味覚にどのような影響を与えるかの実験です。それぞれの実験で、味わいにどれだけの差が出るでしょうか。

 テレビのクイズ番組で、(1)の方法を利用して、味当てをやったことがあります。正解者は、じつに八人中たった一人でした。味覚を感じる上で、嗅覚がいかに大きく関係しているかがわかります。

 この実験をやってみるとわかることですが、(2)と(3)では、ほとんどが分別できます。しかし(1)の方法では、確信をもって判定できなくなるのです。味覚にとって嗅覚とは、頼りがいのある兄さんのようなものです。

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧