わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

治療が必要な口臭

 


 動物としてのの人間が生きている限り、自然に発するにおいは容認できるとしても、終電近い電車に乗った時など、何ともいえないにおいに、一瞬たじろいだことがあるでしょう。酒、ニンニク、ニラ、その他のにおいが見事にブレンドされたこのにおいは、けっして酒嫌いではない著者自身、閉口させられてしまいます。いや「閉鼻」したい思いになります。普段の自分のことは棚に上げて、腹だたしくなってくるから不思議です。

 こうした例のように、ロ臭というと、飲食したものが原因であると考えがちです。たしかに歯ぐきなどに食ベカスがたまり、目の中の嫌気性菌といわれる細菌が付着・繁殖して分解し、発酵することによって悪臭を放つことは事実です。また、食ベカスのほか、歯肉の後退、金属冠や義歯の不適合など仁よって、不潔になりやすい場合にもいやな口臭は避けられません。

 このような清浄不足による口臭や生理的口臭は本人が注意して清潔に保つ努力をすることで防げます。

 ただし、病的口臭となると話は別です。そのままにせず、病院できポんとした治療が必要です。  

 ここで、病的日臭について、その代表的な例をあげてみましょう。  

 

<ロ内炎症>

歯槽膿漏、口内炎、歯肉炎などがある場合、膿や口腔内の皮組織が崩壊し、それに嫌気性菌が付着して、特殊な発酵臭を放つようになります。

 扁桃腺炎や、慢性鼻炎、蓄膿症などの<鼻やのどの疾患>、気管支炎、気管支拡張症、肺結核などの<呼吸器疾患>のある場合にも、同様の原因で口臭に結びつく場合があります。

 

<貫腸疾患>

 口臭の原因のなかで、歯槽膿漏と並んで多いのが、この胃腸疾患です。

 悪臭を発する飲食物を摂取した場合、そのにおい物質が消化過程で腸管から吸収され、血液の流れにのって、肺から悪臭ガスとして排泄されてにおうのですが、これは一過性のもので病的なものではありません。

 胃炎、無酸症、胃拡張、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガンなどがあると、どうしても消化不良をおこし、飲食物の停滞、異常発酵がおこり、悪臭食物を摂取した時と同じ経過をたどって口臭となります。この場合は病的なものです。

 現代はストレス過多時代といえます。ストレスが原因となって慢性胃炎や潰瘍をおこす人が増えています。唾眠不足、動物性脂肪や蛋白質の摂り過ぎ(美食)、過食、便秘等とと もに、十分な注意が必要です。

 腸の勘きが悪かったり、腸内に疾患があったりすると、腸内の細菌バランスが崩れ、酵素分解が異状となって、悪臭物質を発生させます。

 

<肝機能低下>

肝臓の機能が低下することは、同時に代謝機能が低下することを意味します。正常な肝臓なら、口臭の原因になる中間代謝物といわれるアセトン臭、メルカブタン臭は分解されてしまいます。  

 

<腎概能低下>

腎機能が低下すると、アンモニアくさい口臭がします。血中に尿素量が増加して、肺や口腔に分泌され、それが細菌の作用仁よってアンモニアが生成されるためです。

 

<糖尿病>

糖尿病もまた、代謝機能の低下や組織活性化の低下をまねきます。唾液が減少するため、嫌気性菌が増殖して、口臭の原因になります。

 

 以上、ロ臭の原因になる病的症状をさぐってみましたが、ここでも、各臓器、器官の疾患が、結果的に口臭を導き出していることがわかります。逆にいえば、それらの疾病を治せば、ロ臭も治るということです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧