わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

汗のニオイ

 


 ここでは、皮膚表面から出るにおいについて、考えてみましょう。

 皮膚から発するにおいといっても、皮膜そのものに特別強いにおいがあるわけではありません。皮脂腺や汗腺から出される分泌物こそが、体臭の主な原因になっているのです。皮脂腺から分泌されるのは、いうまでもなく、油脂成分。その油脂成分に溶け込んでいる弱いにおい発生物質や脂そのものが、皮膚表面に分泌された後に分解してできた脂肪酸がにおいを発する原因となるのです。

 ところが、この皮脂腺は、食事の影響を受けやすい。脂肪分を多食すれぱ、皮膚は脂っぱくなります。欧米人のそばにいくと、酸味をおびたにおいやチーズくささを感じるものですが、これは、彼らの食生活に原因があるのです。

 獣肉、乳製品を多く摂るからです。ちなみに、われわれ日本人は、欧米人にいわせると、発酵食品のにおいがするといいます。これは、味噌、醤油、納豆、清酒、その他の発酵食品を多食するせいでしょう。

 イノシシやウサギの肉を多食すると、それなりのにおいがしますし、イワシやニシンなどにおいの強い魚を食べても、普段より強いにおいの脂肪酸が分泌されます。

 皮膚表面からにおう体臭を観察する時、もうひとつ忘れていけないのが汗です。

 水溶性の物質が溶け込んだ液体、すなわち汗は汗腺から分泌されます。これは誰でも知っていることですが、汗には二種類あって、それぞれ種類の異なる汗腺から出ていることは、あまり知られていません。

 二種類の汗腺とは、片やエクリン腺(小汗腺)と呼ばれ、普段の汗を出す汗腺。もう一方は、ワキガの説明でふれましたが、二オイ物質を多く含んだ汗を出すアポクリン腺です。

 体温と水分の調節をするのがエクリン腺で、体全体に分布していて、暑い時や運動した時などには、多量に汗を出します。また、寒い時やおとなしくしている時は汗を出さないかというと、そうではなく、つねに徴量ずつ汗を出し続けています。皮庸が乾かないように潤いをもたせるのも、エクリン腺の大切な働きのひとつなのです。

 エクリン腺から出る汗は、におい物質がほとんど含まれていません。塩分が多く含まれていることもあって、細菌の繁殖もあまりみられません。つまり、汗だけでは、ほとんどにおいは発していないといってよいでしょう。浮浪者のそばにいくと、悪臭がただようのは、汗が脂肪酸や垢と混ざり、細菌が繁殖した結果出るにおいであって、単なる汗のにおいではないのです。

 ところが、アポクリン腺から分泌される汗となると事情は一変します。  この腺から出る汗には、タンバク質、糖分、グルコース、コレステロール、鉄分、アンモニア、時には、粘っこい脂性の物質まで含まれています。そして、多少の差はあれ、においがします。

 代表的なにおいは、ワキガのにおいであり、陰部のにおいなのですが、においの元になる物質は何なのか、においを出すシステムはどうなっているのか。――じつは、この正体は、現在のところ十分にはわかっていません。

 人種によって体臭濃度が違うのは、このアポクリン腺の多少が原因しているといわれます。事実、アポクリン腺の多さからいうと、黒人→白人→東洋人の順であり、体臭の強さも同様です。

 われわれ日本人は、世界的にみて、体臭の薄い民族です。それだけににおいに敏感な民族ということもいえます。

 ワキガに代表される体臭は、日本人だからこそ、悩みになり、コンプレックスになるのかもしれません。ヨーロッパやアメリカの友人たちに間くと、たしかに欧米では「ワキガが多いこともあるが、あまり気にならないし、コンプレックスをもっている人も少ない」ということです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧