わきが多汗症相談室

わきが多汗症手術わきが治療・対策体臭予防多汗症治療デオドラント剤

腋臭手術後の傷跡はケナコルト(副腎皮質ホルモン)の局部注射が有効


投稿者名:カイジ

タイトル:キズアトについて



はじめまして、五味院長。 私が相談したいのは手術後の傷痕のことです。わたしは、2度わきがの手術をうけました。
一度目は、傷痕は目立たなかったのですが再発しました。
2度目は、わきがは治ったのですが、傷痕が目立ちます。
もう3年前の傷なので、治らないのでしょうか?
まあ、それほど気にせずに、水泳をしたりしていますが。
ただ少しでもましになるなら、なおしたいです。

 

投稿者名:五味院長

タイトル:お答えします



カイジさん。

手術後の傷跡の治療は、現在では「ケナコルト」という副腎皮質ホルモンの局注が非常に有効です。
手術後6ヶ月以内なら、かなりの盛り上がりや色を改善させることができます。

また、切開部の傷跡なら、形成外科的な形成術での治療もあります。
手術をした病院なら、無料で治療してくれるはずです。
ぜひ、一度そちらの病院を受診してみてください。

また、過去ログの796番のあいさんからの情報の「クリニセル」も効果があるようですから参考にしてください。

 

知りたい情報を効率的に探すためにサイト内検索をぜひご利用ください。

わきが多汗症研究所内
五味クリニックのサイト内

お探しの情報を入力して検索ボタンを押してください(複数のキーワード可)
例:多汗手術、電気凝固法、費用、制汗剤、体臭予防グッズ、頭臭……

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

ワキガ手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧