わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

人はなぜ体臭が嫌い? その1

 


体臭の悩みは現代病

 

 夏のはじめの、静かな休日を思い描いてください。

 いまあなたは、青畳を敷き詰めた風通しのよい庵に招かれています。どこからともなく清楚に漂ってくるのはお香でしょうか。静かに目を閉じていると、お盆が運ばれてきました。新茶。初夏はやっぱりこれですね。ああ、いいかおりだ。

 

 いかがでしたか?

 

 さしずめ映画なら数カットの風景でも、私たちの周りには、じつにさまざまな匂い、香りが溢れているのですね。

 ところでいま私は、快い香りばかり取り上げましたが、実際の生活のなかの匂いは「快」と感じるより「不快」と感じるものも多くあります。

 動物では匂いを感じる「嗅細胞」が発達していて、異性の放つフェロモンを感じて「やや、いい匂いだクンクン」と春が来るわけです。

 しかし人間の嗅細胞は動物より退化しているため、嗅覚の出番となるのは、なにか腐ったものを食べそうになったときや、ガス漏れのときなど、危機管理の役割が多くなってしまったのです。

 

 さて体臭の話です。

 現代人は、体から出る臭いを快と感じるよりは、嫌だ不潔と感じることの方が多いようです。しかし、ヒトは誰しも生きていく限り、食べては出し、げっぷ、飲んでは出し、おなら、息を吸って吐いて、汗、とまあ、どれもが臭いがつきまとう証の生活臭であるわけです。

 ところが現代の若者は、このあたりまえの生活臭さえ不快と感じて、無くしたがる傾向にあります。いわば無臭志向であり、過度な清潔志向です。

 

 これは、子どもたちの遊びの変化が原因ではないかと私は考えています。

 ほんの二、三十年前まで、子どもの遊びといえば、泥だらけがあたりまえでした。土埃の立つ原っぱや、森や、ときには堆肥や、ありとあらゆる匂いが満ちるなかで、太陽の下で汗まみれ、北風に青鼻たらして、そうして子どもたちは育ったものです。

 

 ひるがえって、いまはどうでしょう? ビデオやファミコンなど、泥にも汗にも縁のない遊びばかりです。画面にいくら鼻を近づけても、何も匂ってはきません。現実から浮き上がった仮想空間の遊びです。

 いきおい臭いへの反発や拒絶が強くなり、自分の体から出るほんのわずかな体臭まで嫌悪し、悩んでしまうのです。その意味で、体臭の悩みは、典型的な現代病といえるでしょう。

 

 体臭の出所は様々です。それこそ頭のてっぺんから爪先まで、つまり体中の部位が臭いと関わりがあるのです。そのなかでも、口臭や脇の下からのわきが臭、便や足の臭いなど、特に他人を不快にさせるものは治療の対象になります。

 この連載では、体の様々な臭いの発生する道すじと、その対処法を順を追って説明していきたいと思います。

 

 しかしちょっと待ってください。その前に体臭の悩みの解決の前提となる大事なお話があります。

 

 

ヒトはなぜ悩むのか?

 

 体臭に限らず、そもそもどうして人間は悩むのか?

 そんな素朴な疑問を皆さんと考えてみたいのです。私たち人間の心の淵を、興味津々覗いてみようではありませんか。

 読者の方でなーんの悩みもないなどというおめでたい人はいないでしょう。

 なぜなら、人は誰しも「なにかをしたい」という欲求を持っています。様々な欲求は目的を生み、生きるエネルギーになります。しかし逆に、欲求が満たされない場合には欲求不満になり悩みに転じてしまいます。  この欲求不満と悩みの関係は、いわばコインの裏表、似ているけれどイコールではありません。では、どう違うのか?

 動物に例えればよくわかります。動物にも欲求不満はありますが悩みはありません。何日も餌にありつけないノラ猫は欲求不満になるでしょう。しかし、猫は悩みません。「最近は不景気で残飯まで少ないニャー。子供が七匹も産まれたばかりなのに、この先どうなるのかニャー……」などと嘆いたりしないのです。

 そこで人間はといいますと、これが必ずしも一様ではありません。欲求不満のある人が皆悩むとは限らないのです。では誰が悩むのでしょうか?

 結論から申し上げれば、それは、他人や社会のことを大切に考える人です。「他人や社会に不快な思いをさせてはいけない」そう考える人ほど外部に対して心のなかで葛藤が生まれ、さらにその葛藤によって悩みが生まれるのです。逆に「私は私よ関係ないわ」という人に葛藤は生まれません。悩みもありません。他者と自分とのつながり、しがらみを強く意識し、深くはまったところから悩みは始まります。あなたが今悩んでいるとしたら、それはあなたが他人や社会と自分との関係をまじめに考えていることの証なのです。

 

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧