わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

人はなぜ体臭が嫌い? その2

 


劣等感のメカニズム

 

 悩みと欲求不満の関係について、もう一歩立ち入って考えてみましょう。

 たとえば、あなたが無人島に一人で住んでいたとしても、飢えや乾きを感じれば欲求不満はおこります。しかし、たとえば「鼻が低い」「足が短い」といったことで悩むことはないでしょう。

 悩みとは、他人と自分を比べるなかでこそ生まれるものだからです。年収四百万円の人が不景気をぼやきつつ同窓会に出て、旧友が皆年収一千万円だったりしたら、その人は悩むことでしょう。しかし、旧友の皆が同じ四百万円であれば、世間はそんなものかと思いこそすれ、悩むことはないでしょう。

 

 悩みは、欲求ばかりでなく、ときには劣等感にもつながります。

 なぜなら、人間の欲求には「〜をしたい」というだけでなく、人それぞれに「〜までしたい」という目標がついてくるからです。「テストで良い点を取りたい」だけでなく、「80点以上とりたい」といった具合です。

 心理学ではこれを「要求水準」といいます。この要求水準が高いか低いか、その程度が劣等感に深く関わります。 たとえば、同じ80点でも要求水準の90点のA君と60点のB君とでは満足度に違いがあります。A君は失敗感を味わい、B君は成功感を味わうからです。

 テストの点数を例に説明しましたが、実際にはこの要求水準は、自分自身でなく、むしろ他人に対して立てられることが多いのです。つまり、他人に勝ったか負けたか、他人より優れているか劣っているかという感情のほうが劣等感を招きやすいのです。

 そして劣等感とは、○○さんにはどうせかなわないだろうと、行動する前から敗北感を先取りしてしまう引け目の感情にほかなりません。「先取り」の感情であるからには、その劣等感は本人の主観に過ぎず、実際劣っているかどうかとは無関係な、本人の思いこみに過ぎないのです。

 体臭もしかり。ただの人並みの汗かきなのに、自分の体臭は他人より強いのではないか、と頭の中で他人と比べて、自分で自分をおとしめて悩んでしまうのです。

 

 

自分の目は他人の目?

 

 現代人の欲求の多くは、ただ空腹を満たしたいといった生理的欲求にとどまりません。

 社会で認められたいといった類の、人間関係のなかでこそ満たされる社会的欲求です。私たちの幸せは、人間関係を無視しては成り立たないのです。

 そこで何より注意しなければいけないのは、自分の価値を決めるモノサシが、他人からの借り物であることが多いということです。自分が心底から望んでいることと、他人の欲求とが区別できず、そのために「私を見るみんなの目」で自分の価値を決めてしまう。自分の幸せを他人の掌中に人質として委ねてしまうのです。

 なぜ人は悩むのか。おわかりいただけましたか。では窓をあけて、すこし深呼吸でもしましょう。

 おや、花が匂ってきました。

 風が薫る、とはこのことでしょうか。風を「薫る」と表現したかつての日本人のように、私たちも、借り物ではない自分ならではの感性で、のびやかに生きていこうではありませんか。

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧