わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

体のニオイの発生源…頭・耳・鼻 その1

 


 今年のゴールデンウイークも多くの方が旅行に出かけたことでしょう。

 旅先でのいろいろな思い出の中には匂いに関わるものもあったでしょう。胸に溢れる若葉の香り。心に碧く浸みる磯の香り、はたまたエキゾチックな異国の香りでしょうか。憧れの地を訪れたときの最初の匂いは、旅の情緒をいやがうえにも盛り上げてくれる食前酒のようなものですね。今回は、知っているようで知らない、ニオイや嗅覚の話です。

 

 

ニオイを感じる仕組み

 

 旅先で、特に外国で、地元の人の食べ物の匂いが、どうにも自分の好みと合わなくて馴染めなかった。そんな経験はありませんか。同じニオイなのにどうして人によって、こうも好き嫌いが極端にまで分かれるのでしょうか。それは私たちの脳がニオイを判定する仕組みに関わっているからです。

 私たちが息を吸うと、空気と一緒にニオイの分子が鼻に入り、鼻の粘膜にある嗅細胞を刺激します。その刺激は一種の電気信号となって、まずは「嗅球」という嗅覚の中枢に至ります。

 この嗅球は、大脳の一部が膨れ出たようなところですが、ここではまだ嗅ぎとったニオイを快とも不快とも判断しません。そのようなニオイの質を自覚するのは、さきほどの電気信号がさらに「大脳皮質」に届いてからのことです。

 この大脳皮質には、生まれ育った環境や、様々な経験、身についた文化、体調などいわゆる後天的な情報がぎっしり詰まっています。その複雑な情報をもとに、ニオイの電気信号を快とか不快とか判断するのです。

 たとえば同じチーズの匂いに、うっとりする人もいれば眉をひそめる人もいるというのは、育った環境が違うために大脳皮質の情報の中身も量も違ってくるからなのです。生まれたばかりで情報が少ない一、二歳の乳幼児は、大便のニオイすら不快には感じません。

 嫌な臭いというのもまた、人間が育つ文化的な環境に大きく影響を受けるのです。

 

 

嗅覚は疲れやすい

 

 人間の嗅覚には、三つ大きな特徴があります。

 第一が、嗅覚は順応しやすいということ。ニオイに慣れるのです。つまり嗅覚は「疲れやすい」とも言えます。

 快いニオイでもその逆でも、同じニオイを長く嗅いでいればさほど感じなくなります。

 たとえば猫のいる家を訪ねると玄関に入ったとたん、独特のニオイが鼻につきますね。でもしばらくいれば、家の人と同じように気にならなくなります。朝の満員電車はニオイの詰め合わせ状態で、乗った直後は閉口しますがやがて意識しなくなります。

 こうして、嗅覚が疲れてくることで不愉快な臭いをイライラ嗅ぎ続けるストレスから解放されるのです。

 

 しかし良いことばかりではありません。たとえば、家中が強いわきが体質であった場合など、子どもは幼い頃からわきが臭に慣れてしまって、それが特別な臭いだという意識を持たずに育ち、大人になってからも自分の体臭の迷惑に気づかなかったりします。

 あるいはガス漏れのように、わずかずつ続くニオイにも嗅覚は無意識のうちに慣れてしまいます。これは生命にかかわることです。順応しやすい嗅覚は、両刃の剣なのです。  

「あの人は鼻がきく」などといいますが、第二の特徴として、嗅覚には個人差があります。どれほど同じ環境に暮らしていても嗅覚能力の差が出るのです。

 他人が感じない匂いを敏感に嗅ぎとる名犬ラッシーのような人、誰でも感じるような匂いにポカンとしている人、どちらもいますよね。そしてこの嗅覚は、訓練で伸ばすことができます。

 これが三番目の特徴で、香水の調合などに携わる調香師さんたちの鼻は、まさに訓練のたまものです。また嗅覚の感度は、匂いの種類によっても個人差が現れます。腐りかけた食べ物の匂いには鈍感なのに自分の口臭や体臭には恐ろしく敏感な人、また意外なことにガソリンや排気ガスの匂いがたまらなく好きな人も少なくありません。

 いずれにしても、どんな匂いも敏感に嗅ぎとるという人は皆無と言っていいでしょう。「鼻が利く」とは、特定の限られた匂いに敏感であるというのが正しいのです。

 

 では性別ではどうでしょうか?

 これは女性に軍配が上がります。「ん?このワイシャツの香水の匂いは……」ジャジャーンと幕が上がる修羅場の話は古今東西、嗅ぎつけるのは女性と決まっていますね。

 体調も嗅覚を左右します。女性ならば生理中は嗅覚が急激に鈍くなります。風邪のときガクッと鼻が利かなくなるのはご存じの通り。疲れたときも低下します。

 逆に空腹のときに敏感になるのはどなたも経験済みでしょう。一日のうちでは朝起きたばかりが一番鋭く、夜になると鈍くなります。朝の通勤電車が夜の電車より臭うのはそのためです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧