わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

脇の下のにおい その2

 


諸説渦巻くわきがの正体

 

 わきがのニオイの原因はアポクリン腺のさまざまな成分にあることまでは分かりました。

 しかし、数ある成分の中の、いったいどれがニオイの根源なのか、それはまだ解明されていません。ひとつ確かな事実は、アポクリン腺の分泌物は、汗腺の中にあるうちは臭わないということです。

 皮膚の表面に分泌されることで、何かの仕組みが働いてニオイ物質が作られるのです。

 そのニオイ製造の「闇ルート」で一枚噛んでいるのは、皮膚にたむろするブドウ球菌などの雑菌です。こうしたゴロツキは、アポクリン腺の分泌物を分解、酸化してカプロン酸やイソ吉草酸といった物質を作ります。これらが皮脂腺からの分泌物などと混ざり合って、あの独特なわきが臭となるようです。

 さらに脇毛にこもったニオイ成分はエクリン腺の汗で気化され、より強いニオイとなって広い範囲に広がります。

 この「ニオイ製造ルート」でうごめく雑菌の作業能率は、皮膚の表面の酸性・アルカリ性の度合いや塩分の濃さに関係します。アポクリン腺の汗はアルカリ性の度合いが高いことや塩分濃度が非常に低いことなども、雑菌の繁殖には好都合です。

 ちなみに、昔はわきがに塩を塗り込む民間療法がありました。皮膚の表面の雑菌を塩で抑えたのです。いま市販されているわきが用のスプレーや塗り薬などは、滅菌効果のある抗生物質を含んでいます。どちらも、わきが製造ルートの一端を担う雑菌を退治してわきがを抑えようとするものです。

 

 わきがの仕組みを諸説と照らし合わせて大きくまとめると以上のようになります。

 そこでもう一つ私が申し上げたいのは、アポクリン腺を人類の進化の立場から考える視点が必要だということです。

 

 そのことと、わきがの対処法については、また次回お話ししましょう。

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧