わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

便はなぜクサイ? その1

 


お父さんの疑問  

 

 朝のひととき。

 これから始まる慌ただしい一日を前に、お父さんは束の間の私服を満喫しています。そこは、一坪足らずではあるけれど、世俗の憂いから隔絶された聖地。夕べはぐっすり眠れたし、朝ごはんも美味しかった。快眠、快食、そして三番目もOK。ほとばしる水音を背に、「さあて今日もがんばるゾー」

 

 張り切って出てくると、娘が不機嫌な顔です。「お父さんのトイレのあと臭くてイヤ。これからは私が使ってから入ってね。時差使用お願い!」

 

 なんたること! アレは、もともと臭くて当たり前ではないか。臭くて悪いか!?

 憤懣やるかたないお父さんは通勤電車に揺られて考えます。

(昨日は何を食べたっけな? 揚げたてのテンプラ定食と、行きつけの喫茶店でコーヒーを飲んで、晩飯はカタカナだらけのイスニック料理だった。いやエスニック料理だった。みんな美味しかった。それなのにどうして、次の朝にはあんな臭いものになってしまうのか。そもそも父親の便のほうが臭いなんて、いくら何でも偏見、差別じゃないか……??)

 

 お父さんの気持ちは分かります。しかし便の臭いは、歳をとったり、体調が悪かったり、あれやこれやで悪臭が強くなることがあるのです。

 

 今回は、その便の臭いの仕組みと対策についてお話ししたいのですが、まずはお父さんの擁護から始めましょう。

 

 

便はなぜ臭い?

 

 お父さんのおっしゃる通り、便は必ず臭います。無臭便などありません。

 便は、もともと食べ物です。食べ物は様々なニオイ物質を含んでいます。その食べ物が消化され、吸収された残りかすが便なのです。だから便は臭う。

 便に特有な臭いは、主にメチル・メルカプタンという化学物質ですが、これはタマネギやマメ、ニンジン、ジャガイモなど、多くの食べ物に含まれている成分で、ときには香料の素材にすらなります。

 ですから便は、本来ニオイはしてもクサイものではないはずです。実際、赤ちゃんの便は心地よい香りに思えることすらあります。それでは、どうして便は不快な悪臭を放つのでしょうか?

 便のなかではタンパク質が分解されて、いろいろな物質が発生します。アンモニア、インドール、スカトール、硫化水素…じつは、こうした面々が諸悪の根源なのです。

 とくに、悪玉菌と呼ばれるウエルシュ菌や大腸菌が腸で増えすぎると、これがタンパク質や脂質を分解し、発酵させて、いわゆる腐った食べ物のニオイを発生します。

 人間は、自分の安全を守るため、腐ったものには本能的に拒絶しますから、こうしたニオイがたまらないわけです。

 さらに、見た目に汚らわしい感じが拍車をかけてしまいます。はるか太古の時代、便のニオイは「私がここを通ったぞ」と主張する手段だったのですが、その意味がなくなってしまった現代人にとって、便は臭いもの、嫌なものとなってしまった次第です。  しかしです。

 排泄物イコール腐敗物ではありません。便に不快な臭いが強いとしたら、それは便が何かの原因で腐敗物になったためです。

 

 ではその原因について、たとえばあなたが食べたものが、どんな条件で腐敗臭を出す便になるのか、その悪しきパターンを紹介しましょう。

 

 

臭いの原因(1)

 まず、よく噛まずにすぐ飲み込んでしまう人。これは臭い便への第一歩です。食べ物は、消化されてこそ吸収されるものです。消化されなかった食べ物は、腐敗のための材料でしかありません。消化の第一段階は口の中です。唾液に含まれるアミラーゼやリバーゼなどの酵素は、消化を助けるだけでなく、口の中の雑菌を殺してくれます。よく噛んで、たくさんの唾液を出してから飲み込んでください。

 

 

臭いの原因(2)

 つぎに、ストレスのある人も臭います。食べ物が飲み込まれて胃にはいると、そこには最強の消化酵素ペプシンが待ち構えていて、タンパク質をあっという間に消化します。

 ところがペプシンはストレスがあるとうまく分泌されません。食べ物が胃の中にあるときにペプシンが出なかったり、逆に空腹の時にたくさん分泌されたりと、ギクシャクします。

 やがて食べ物は十二指腸を通り、その先の小腸であらかた消化吸収されるのですが、ストレスは小腸の動きにもブレーキをかけて「蠕動」を止めてしまいます。

 食べ物が腸のなかでモタモタし始めると、つまり便秘ですが、それだけで腐敗が進み、悪臭も強くなるのです。

 

臭いの原因(3)

 第三は、腸が汚れている場合です。とりわけ大腸の汚れには、有害な細菌がたくさん棲みついています。もちろん健康な人の大腸にも細菌はいます。

 数え切れないほど、といっても誰かが計算したところでは、百種類の細菌が合計百兆個いると言われています。いてもよいのです。

 問題は、その百種類の細菌の顔ぶれです。細菌がみな悪玉ではありません。人間に欠かせない細菌もいます。

 そのような細菌を善玉菌と言って、たとえばビフィズス菌などが代表格です。ビフィズス菌が腸で一定の割合を占めていれば、ウエルシュ菌や大腸菌などを抑えてくれるので、さしもの悪玉も大きな顔ができません。

 ところがビフィズス菌が減ってくると、一気に悪玉菌がのし上がります。その結果、腸の中でまだ消化されていないタンパク質やアミノ酸が分解されて有害物質を作り出します。アンモニア、インドール、スカトール、硫化水素…そう、冒頭に出てきた悪臭の面々です。しかも悪臭だけでなく、血圧を変動させたり、白血球の仕事を邪魔して炎症を起こしたり、さらには発癌性の物質にもなるのです。

 逆に考えれば、便の悪臭が強いときは、腸が汚れて、その中で悪玉菌が増えているということです。便のニオイは健康のバロメーターと言えましょう。

 

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧