わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

足のニオイ その1

 


 

A君の悩み

 

 梅雨明けの7月、セミ時雨の昼下がりをA君が歩いています。

 なにかぎこちない足取りは、それもそのはず、今日は、プロポーズしたB子さんのご両親と初の顔合わせなのです。はぁ、と吐息交じりに立ち止まり、ノロノロ歩き出しては入道雲を仰いで立ち止まり……。

 普段から真面目で何事にも気配りするA君は、お父さんとの会話がとぎれぬよう、プロ野球から大相撲、釣り、ゴルフ、競馬、向こう一週間の天気予報まで、あらゆる話題を「予習」してこの日に臨みました。

 しかしA君には、大きな心配事があります。他人には言いにくいのですが、彼は足がクサイのです。これまでのB子さんとのデートは、座敷のないところばかりを選んで切り抜けてきましたが、今日ばかりはどうなるでしょうか?

 洋間ならまだしも、もし和室に通されたらどうしようか?

 そう思っただけで、この瞬間にも、足の裏からじわっと、汗がにじんでくるようです。

 はぁ…今度生まれてくるときは、人魚になろう…。

 

 

足のクサイ人は優しい

 

 まずはA君に、エールを送りましょう。

 

「足のクサイ人は、心が優しいんだよ」

 

 A君、聞こえたかな?

 では、いまからその定義を説明しましょう。

 そもそも足は、どうしてあのように臭うのか?

 第一の理由は、足には、ニオイの素材がとても豊富だということです。

 足は、体のどこよりも角質層が厚く、その表皮細胞が新陳代謝や摩擦で剥げ落ちて大量の垢になります。その成分は主にタンパク質で、ここに皮脂腺からの脂質が混ざり合えばニオイ天国(地獄?)です。

 表皮ブドウ球菌やコリネバクテリウムといった細菌が小躍りして分解を始めます。靴下のすえたニオイは、こうしてできたイソ吉草酸などの低級脂肪酸のニオイなのです。

 第二の理由は、足をとりまく環境にあります。

 人間は、毛のない猿です。そのせいか、体を覆いたがります。なかでも足は靴下やストッキングの上からさらに靴やブーツをかぶせるわけですから、当然足の温度は上がりますし、汗も蒸発せずにたまります。これでは細菌のために適度な温度と湿度を提供しているようなものです。

 大量の汗をかけば、これは湿度などという生やさしいものではなく、ムレの状態です。こうなると、皮膚の角質層はさらにボロボロ脱落してニオイが強くなります。

 足のニオイの元凶は、この「ムレ」にあるのです。

 しかも足の裏は、手のひらや額と並んで、最も汗腺が密集した場所です。1センチ平方に三百近くある汗腺から多量の汗が出て、それが靴下や靴に密封された環境で、汗の成分の重炭酸イオンが急増します。この重炭酸イオンはアルカリ性ですから、酸性を嫌う細菌にとっては、最高のお膳立てです。

 

 ところで、こうした条件は誰でも同じなのに、足のニオイは人によってずいぶん違いがあるようです。これはどうしてでしょうか?

 それは汗の量の違いです。足の裏の汗は、かなり個人差があります。というより足の裏だけにたくさんの汗をかく人がいるのです。

 それが「精神性発汗」つまり「心が汗をかいてしまう人」のことです。緊張や興奮したとき、手に汗を握った経験はどなたにもあるでしょう。でもそれが過ぎれば汗は止まるものですが、日常の場面で汗をかきつづけて止まらない人がいます。これはなにか偶然のきっかけで足のニオイが気になったり、汗をかいて足をことさら意識してしまった結果、汗をかくまいと思うほど、かえって汗をかいてしまう悪循環の泥沼になってしまうのです。

 足の多汗に悩む人には、共通する性格があります。

 皆さん一様に、真面目で完璧主義、負けず嫌いの努力家です。それでいてかなりの恥ずかしがり屋でもあります。一人の人間のなかで、外向きと内向きの正反対の性格が、背中合わせの押しくらまんじゅう。すったもんだの挙げ句の果ての「汗」なのです。

 しかし、こうして人前で緊張して汗をかくということは、そもそも相手を大事に思っているからこその結果です。考えてもみてください。たとえば無人島に流れ着いた人が、いったい汗や体臭を気にするでしょうか?

 犬や猫の前で、あるいはテレビに好きな俳優が映っていても、その前で裸になっても恥ずかしくはありません。まして緊張して汗をかくことなどありえません。

 つまり精神性発汗が強くて手のひらや足の裏に汗をかくというのは、目の前の相手を生身の人間として尊重する気持ち、いわば思いやりの心があればこその現象なのです。やさしさが汗の原点。足が臭うのは優しさが溢れた証拠です。

 

「足の臭い人は心が優しい」、これは「風が吹けば……」式の理屈ではなく、正真正銘の真実だったのです。

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧