わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

オジサンのニオイ その2

 


ニオイを防ぐ方法

 

 ケアガーデンのお世話にならずともオヤジのニオイを防ぐ方法、それは、若さを保つことです。老化の進行をスピードダウンさせること、具体的には、体内でのフリーラジカルの発生を最小限にし、過酸化脂質の増加を抑えるのです。

 その第一は、ストレスを作らないこと。ストレスこそフリーラジカルの発生の最も大きな原因なのです。会議や営業成績でいつもイライラしているサラリーマンの中高年がオジサン臭いのもむべなるかな。

 つぎは、フリーラジカルを非活性化する物質を摂取すること。そのような物質の代表が、ビタミンCやビタミンE、カロチン類です。果物などをたくさん食べるもの結構。しかし老化の過程の過酸化脂質の増加速度を抑えるためにはかなり大量のビタミンが必要といわれています。効率よい摂取にはビタミンサワーCや胚芽油E、またはその両方を同時に補給できるビタックECCなどもよいでしょう。

 さらにフリーラジカルによって傷害された細胞を再生する抗酸化物質を食事の中で多くとることも間接的な加齢臭予防対策になります。それらの物質には、赤ワインのポリフェノール。緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、ゴマのセサミノールなどがあります。

 また、皮膚の老化を直接防ぐコラーゲンの摂取や、皮膚に直接働きかけるビタミンCを含んだローションを皮脂腺が集中している体の正中線を中心に使用するのも効果的でしょう。

 

 

中高年のオジサンがなぜ体臭を気にするのか

 

 私のクリニックにもここ数年、体のニオイの悩みで来院される中高年の男性が急増しています。その現象の背景を考えてみましょう。

 まず、女性の社会進出。職場などで女性の意向やニオイに対する嗜好を中高年の男性が無視できなくなったのではないか。もう仕事一本槍では通用しなくなった。逆に言えば中高年の男性が初めてエチケットに目覚めたともいえるでしょう。

 しかし、何事にもマジメな彼らは、それだけで終わりにならないのです。いままで超無関心であった体臭でさえも、いったん自分の体のニオイに意識が向くと過剰なニオイ過敏症に走ってしまいます。その上に社会の行き過ぎた清潔志向がこれに拍車をかけます。

「ニオイ、イコール不潔」こんな強迫観念でがんじがらめになります。そこに現在の経済的不況や希薄な人間関係が追い打ちをかけます。リストラやちょっとした人間関係のつまずきでも「自分の体臭が原因ではないか」と悩んでしまうのです。

 

 でも、私はここで「若者の勝手な言葉など気にするな、もっと自信を持て」と声を大にしていいたい。

 なぜなら、問題はニオイを出すオジサンよりも、ニオイを感じる若者たちの嗅覚のほうにもあるからです。

 人間の嗅覚は、三歳から五歳くらいの幼児期に慣れ親しんだニオイは後に不快感を抱かず、むしろ懐かしい記憶として残るといわれています。現代はどこの家でも核家族。おじいちゃんやおばあちゃんに添い寝されたこともなく、お年寄りのニオイになれずに育った若者がオジサンのニオイをイヤだと思うのも当然なのです。

 それに、若者たちがオジサンの加齢臭だけをかぎ分けているわけではないのです。人間の体臭は生理的なニオイや生活のニオイが混ざり合って一人の体臭を作っているのです。若者は中高年の男性の言動を視覚的なイメージで捉え、「オヤジクサイ」と嗅覚的に表現しているに過ぎないのです。

 しかし駅のホームで平気で痰を吐いたり、食後に爪楊枝でシーハーしたり、時代遅れのオヤジギャグで場を白けさせたり。こんな光景を見ると、若い女性がオジサンは「目」にも「耳」にもクサイと敬遠するのもそれなりの言い分がありそうですね。

 

 ですから自分の娘や若い女性からクサイといわれないための第一歩は、まず子供の幼児期に父親不在にしないこと。次に身の振る舞いが見た目にもクサくないこと。でも言うは易く、匂わざるは難し、ですね。

 

 さて、電車の中で暴言を吐かれた私は、その日以来一挙手一投足、一言半句に「ノネナール」のニオイがつかないようにと、つとめて「若さくさく」努めている毎日です。

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧