わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

老人介護とニオイ その1

 


失禁のニオイのケア

 

 お年寄り、特に介護を受けている方にとって、失禁は、オシッコを漏らしたから汚いというだけではありません。 「こんなことをして周囲に迷惑をかけて申し訳ない。嫌われる。なさけない」といった否定的な感情につながります。

 そのような気持ちにさせる原因の一つが、お漏らしの際の「悪臭」です。自分のニオイで他人に迷惑をかけるということほどつらいことはありません。ですから失禁を改善することは、お年寄りにとって人間の尊厳に関わる問題なのです。

 しかし現状は、お年寄りの失禁は年だから、病気だから仕方ないと諦めて、おむつをあてがう、カテーテルを挿入するといった受け身の対応に流れがちです。

 今回は、失禁した本人も、介護する側も双方ともに失禁のニオイで悩まないケアを考えましょう。

 

失禁の種類

 

 お漏らしした場合にそれがどのような種類の失禁のタイプなのかを知ることが大切です。まず治療によって治せるものかどうかの判断から始めます。

 たえず尿がチョロチョロ出ているケースがあります。これは前立腺肥大や神経の異常、尿路系の腫瘍などで尿の通りが悪く残尿が多くなって膀胱が伸びてしまったことによります。ここでさらに下腹部が硬く突き出たようになるなら早めに治療が必要です。これは「溢流性尿失禁」といいます。適切な治療で防ぐことができます。

 しかし、高齢者の失禁で多いのは、老化や脳血管系の病気からくる麻痺のために膀胱に尿がためられなくなり、尿を我慢できずに漏らしてしまうタイプです。これを「切迫性尿失禁」といいます。

 こちらの失禁は、介護の腕の見せ所です。

 まず、「オシッコをしたい」を感じてから実際に排泄できるまでの時間をできるだけ短くする環境を作りましょう。家を建て直して間取りを変えずとも、工夫次第でずいぶん変わるものです。

 たとえば、移動式のトイレを居間の近くに置いたり、トイレの近くに寝起きするなどです。それからオシッコの時に衣服や下着を脱ぐのに手間をとらない工夫も大事です。パジャマの股ぐりのあたりを、マジックで開閉できるようにするといった具合です。

 誰だって、オシッコぐらいは他人の世話にならずに自分でしたいものです。その気持ちを尊重して環境を整えてください。

 

 

痴呆の方の場合

 

 もっと問題なのは、痴呆の方の失禁ケアです。

 たとえ膀胱が健康であっても、トイレの場所を探し当てることができなかったり、見当違いの方向へ行ってしまったり、洋式便所の使い方を間違えたり、トイレに行くことに関心がなくなったりして、部屋の隅や廊下、風呂場、布団の上など所構わず放尿することもあります。

 こうなると家中が糞尿のニオイにまみれ、家族にとっては最もつらい状態になります。

 こうした状態が続くと、もうこれ以上の垂れ流しは御免だという思いや、排尿介助もしきれなくなっておむつや失禁パンツに頼りたくなります。

 大切なのは、それらの使用のタイミングです。そしていざ使うとしたら介護用品の選択です。できるだけ消臭効果の高い防臭加工を施したもの(ダイアバーなど)を使用するべきです。

 なぜなら人間の五感の中で、一番衰えにくいのは嗅覚です。たとえ痴呆になっても、嗅覚はそのままですから、私たちが臭いと感じるものは失禁した本人にとっても臭いのです。

 そこで防臭加工のしていないおむつをつけたらどうなるでしょう。いつどこでもオシッコをしてもよい状態になるわけですから、オシッコに対する意識も薄れます。しかもおむつを通して絶えず尿のニオイを嗅いでいることで嗅覚が疲労して慣れてしまいます。

 これを嗅覚の順応といい、感覚の最後の砦であった嗅覚まで麻痺することで、結果的に痴呆の進行が進んだり自発性が萎えてしまうのです。

 

失禁パンツの使用時期

 

 認知能力のある高齢者が自分から失禁パンツの使用を希望する場合にはその意志を尊重してあげることがよいでしょう。しかし、痴呆性高齢者のおむつ使用の時期の決定はそう容易ではありません。本人の納得のいかないままにおむつをあてがうと自尊心を傷つけ、さらなる知的機能の低下を招くこともあるからです。

 一般的には「オシッコをしたい」という感覚、つまり尿意があるかどうかが目安となります。痴呆性高齢者の場合、一見尿意がなくただ垂れ流しているように見えても、実は尿意を自覚しているのにそれを言葉でうまく伝えられないことが多いのです。でもよく観察すると、足をモゾモゾさすり合わせたり、腰を浮かせたり、何かを探す様子や、顔の表情を変えたりといったさまざまなサインを出していることがあります。

 たとえおむつを着けていたとしても、そのようなときにはタイミング良くトイレに誘導してあげることが自立性の低下の予防に大切です。

 

 

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧