わきが多汗症研究所……わきが・体臭・多汗 心と体の研究室

体が汗をかく3つの方法

 


みなさんもご存じの通り、人間は恒温動物です。外の温度にかかわらず一定の体温を保っています。とはいっても運動したり、気温が高いときには体温も上昇します。ですが、人間の体は次の3つの方法でうまく熱を体外に放出し、一定の体温を保っているのです。


・放射  体温より外気温が低いときは、熱が自然と体外に出る。
・伝導対流  日常的な動作で体をとりまく空気に体の熱が伝わる。
・蒸発  汗が皮膚から蒸発するときに気化熱を奪い、体の熱を取る。

 

ただし、放射や伝導対流では、気温が体温より高くなると熱が体に入り込んでしまうので、逆に体が熱くなってしまいます。蒸発(発汗)が、最も効果的に熱を体外に出してくれているのです


体温調節のためにかく汗は、「温熱性発汗」といいます。また辛いものを食べたときに額、鼻、唇などに発汗するのは「味覚性発汗」といいます。緊張や興奮したときにかく汗を「精神性発汗」といい、手のひらや足の裏などに汗をかきます。
ところが、中には手のひらや足の裏に異常な量の汗をかき、日常生活にまで支障が出て悩んでいる方が多いことも事実です。実際、五味クリニックを訪ねてくる精神性発汗の患者さんの中でいちばん多いのが、手のひらに汗をかく手掌多汗症です。

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧