腋臭多汗症研究所……腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室

盗汗…寝汗の一種  

 


 寝汗とは文字どおり、寝ている間にかく汗のことです。

 

 もしそれがサラサラとした運動後にかくような汗ならば問題ないのですが、粘っこい汗が頭部や首から胸の周り、腰から股の周囲に多く出るようだと、注意する必要があります。

 こういう汗は、一般的な寝汗と区別し、中医学では「盗汗」と呼んで重要視します。

 

 盗汗は、虚弱な人や不眠、口渇、精神不安をもっている人に多く、また結核をはじめとする消耗性疾患を患っている人や、肉体的・器質的なものが弱っている陰虚という状態の人に多くみられます。

 

 漢方医学では、動悸・不眠・ふらつき・めまいを伴う心陰虚の場合、百合・生地黄・麦門冬などの生薬を配合した養心陰薬(肉体的・器質的な衰えを補う薬)を処方します。

 

 乾咳やのどの乾燥、手のひら、足のうらの熱感を伴う肺陰虚の場合は、沙参・百合・天門冬・生地黄などの生薬を配合した養肺陰薬(呼吸器系の衰えを補う薬)を処方します。

 

 ふらつく、目がかすむ、微熱、足腰がだるいなどの症状を伴う腎陰虚の場合は、熟地黄・玄参・枸杞子・何首烏などの生薬を含む慈陰補腎薬(腎系の衰えを補う薬)を処方します。

 

 ただし、ここに書いた症状は、あくまで一般的な目安と考えてください。

 


腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 腋臭多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧