腋臭多汗症研究所……腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室

盗汗に効果のある漢方薬  

 


〈小建中湯〉 …しょうけんちゅうどう

 虚弱体質で、神経過敏、疲れやすい、貧血、冷え性、胃腸虚弱、不眠などがあり、腹部が冷えて小便が近くなったり、腹痛を起こしたり、下痢をしがちな人、微熱があって手足がほてるのに、冷え性で寒がりの人に用います。

 

〈帰脾湯〉…きひとう

 体が弱って元気がなく、疲れやすい、食欲がない、貧血で顔色が悪く、動悸、息切れ、不眠、健忘症気味の人で、夕方になると熱が出て、盗汗をかく人に用います。以上の症状に加え、精神不安が強く出ている場合には、〈加味帰脾湯〉がよいでしょう。

 

〈慈陰降火湯〉…じいんこうかとう

 のどに潤いがなく、痰の出ない空咳をしたり、逆に夜寝てから痰が粘りついて激しく咳き込む人で、皮膚が乾いて、浅黒くなっていて、微熱があって盗汗をかく場合に用います。

 このような症状を示す人は、慢性気管支炎、肺結核、肋膜炎、糖尿病、腺病体質などをもっている場合があるので、医師に相談したほうがよいでしょう。

 

 その他、倦怠感が著しく、特に首から上に汗をかきやすい人には〈柴胡桂枝乾姜湯〉(さいこけいしかんきょうとう)、慢性の咳や痰が出る消耗性呼吸器疾患のあるときには〈慈陰至宝湯〉(じいんしほうとう)、肌の荒れやすい人で、のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重感、腹痛、下肢のしびれなどが日常的に起こる人には〈七物降下湯〉(しちもつこうかとう)がよいでしょう。

 

 日常的に汗をかきやすく、同時に盗汗も出る人には、〈補中益気湯〉(ほちゅうえっっきとう)〈十全大補湯〉(じゅうぜんだいほとう)〈柴胡桂枝湯〉(さいこけいしとう)などがよいでしょう。

 


腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 腋臭多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧