腋臭多汗症研究所……腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室

脂汗・冷汗

 


「脂汗」は、脂肪体質や化膿体質の人がかきやすく、皮脂腺の分泌の多い額や鼻・あごなど顔を中心に、常時脂ぎっています。

 しかし、そのこと自体は何ら病気ではありません。

 

 ただし、胸部や頭部などに強度の痛みがある場合や、強い腹痛を伴う便秘、高熱時に急激に脂汗を胸部や手のひら・足のうらなどにかくようだと要注意の信号とみてよいでしょう。

 脳卒中、狭心症、腸閉塞等の重い病気の前触れであることもあるからです。

 

「冷汗」とは、文字どおり、暑くもないのに「ドキッ」としたり「ヒヤッ」としたりするときに出る冷や汗のことです。

 そのとき、皮膚が冷たくなっていることからそう呼ばれます。通常の精神性発汗と同様なメカニズムで起こりますが、冷汗の場合には、皮膚の血管の収縮や鳥肌など、寒いときに起きる反応と一緒に起こることが特徴です。

 

 冷汗自体は、生理的なもので異常ではありませんが、冷汗についても脂汗と似たような症状が出ることもあり、その場合には注意が必要です。

 

 また中医学では、玉のような大汗が出て止まらず、手のひらが油のように粘る汗を「絶汗」といい、生命の危険のあるショック状態のときに出る汗をいいます。このような重症な疾患の場合には、当然西洋医学的な救急処置が必要となります。

 

 


腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 腋臭多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧