腋臭多汗症研究所……腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室

脂汗・冷汗を抑える漢方薬

 


〈大承気湯〉…だいじょうきとう

 かなり強い下剤で、お腹が張って硬く、便秘をしているときなどに用います。

 急性の熱病で、目がうつろになり、熱のため悶え苦しみ、脳症を起こしているときなど、手のひら、足のうらを中心に脂汗が吹き出すような場合にも、お腹が張って便秘をしていれば用いてもよいでしょう。

 

〈荊芥連翹湯〉…けいがいれんぎょうとう

 皮膚の色が浅黒く、蓄膿、慢性炎、扁桃腺炎、ニキビがある人で、手のひらや足のうらに脂汗をかきやすい人にも用います。

 

〈呉茱萸湯〉 …ごしゅゆとう

 発熱はないが、冷汗をかき、極端な寒がりで、手足が冷え、発作性の頭痛があり、吐き気、首のこわばり、耳鳴り、めまい、下痢などがあるときに用います。顔面紅潮、不安感などがあって冷汗をかくときに用います。

 

 

 ここにあげた薬は、直接、脂汗や冷汗そのものに作用するのではありません。脂汗や冷汗が出やすい病状の治療を目的とするものです。

 日常的に脂汗の出やすい人は、過食状態が続いていて、いわゆる過剰栄養に陥っている可能性があります。脂汗をかく部分が不燃焼糖のはけ口になっていることが多いので、食事を制限をし、デンプン質、糖分、動物性脂肪などは控えたほうがよいでしょう。

 また、脂汗は酸化しやすく、いやなニオイや皮膚炎の原因にもなりやすいので、できるだけ清潔に保ちたいものです。

 

 


腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 腋臭多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧