腋臭多汗症研究所……腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室

局所的多汗症の漢方薬  

 


 体全体ではなく、体の一部分に特別汗をかくこともあります。

 局部的な多汗症は、汗をかく部位によって、体の不調がどこにあるかを教えてくれることがあります。

 

 汗をかく部位と症状の分類、およびそれらに効く漢方薬を次に示します。

 

1.頭部――肝機能障害、くる病

2.首から上――虚弱体質、体力不足、神経過敏

3.手のひら、足のうら――神経過敏、神経疲労、慢性便秘、高熱性疾患、蓄膿症など

4.背――精神不安

 

〈茵陳蒿湯〉…いんちんこうとう

 一般には肝炎の薬ですが、上腹部が張って、胸が苦しく、口が渇き、便秘気味で、頭部に発汗があるような場合、体の内に熱がこもったような感じのする場合に用いるとよいでしょう。

 

〈柴胡桂枝乾姜湯〉 …さいこけいしかんきょうとう

 体力がなく、疲れやすく、動悸、息切れ、微熱、寝汗などがあり、神経質で体から上に汗(頭汗)をかく人に用います。

 

〈竜胆潟肝湯〉 …りゅうたんしゃかんとう

 体力は比較的あるが、膀胱炎、尿道炎など、泌尿、生殖器に炎症を起こしやすく、排尿痛や残尿感があって、尿が濁ったり、腰下が多く、手のひら、足のうらに汗をかく場合に用います。

 脂汗の項に記した〈大承気湯〉〈荊芥連翹湯〉なども、手のひら、足のうらの多汗に効果があります。

 

〈女神散〉…にょしんざん

 自律神経失調、更年期障害の薬で、のぼせ、めまいなどのある頑固な血の道症で、動悸、精神不安、頭痛、頭重があり、背中がカッと熱くなって汗をかくときなどに用います。

 

 


腋臭・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 腋臭多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧