ワキガ多汗症研究所……ワキガ・体臭・多汗 心と体の研究室

性ホルモンの刺激でワキガは強まる

 


 もし、産まれたばかりの赤ちゃんが、ワキガのにおいをプンプンさせていたら……考えるだけでもオゾマシイ感じがします。

 ところが、赤ちゃんの体表には、成人にはみられないアポクリン腺が多数存在しています。この体表にあるアボクリン腺は、成長するにつれて、次第に消滅していくのですが……。

 アポクリン腺の多い赤ちゃんにワキガがない点を考えても、ただアポクリン腺だけが存在しても、ワキガ臭は発しないことがわかります。一般には、ワキガのにおいば、ほぼ初潮の頃からあらわれ始め、思春期をへるなかでにおいが強まっていくのです。ちょうどこの時期に合わせるかのように、アポクリン腺も皮脂腺も発達し、活発な働きをするようになります。

 そういった意味で、ワキガはなんらかの性ホルモンの刺激、もしくは影響を受けて発生し、強められていくと考えるべきでしょう。

 女性が妊娠したり、出産したりすると、一時的にワキガ臭を放つことがあります。また、月経周期によっても、ワキガ臭は変化することもあります。

 現に、私の診療所でも、排卵期や生理直前に体臭が強くなったと訴える女性も多いのです。そして、更年期を過ぎると、次第にワキガの悩みが滅少する傾向があるのも、性ホルモンとワキガの関連性を示唆しています。

 以上をみても、ホルモンとワキガの関係は、今後、さらに研究が進められるべきであろうと思います。

 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 ワキガ多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

戻る

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧